>  > ぱっちりした美人でした

ぱっちりした美人でした

ぱっちりした美人風俗嬢のMさんとの時間はとある点で後悔しています。それは40分といつもよりも短めの時間に設定してしまった点です。もっと長時間であれば…という思いを持ってしまうほど、本当に楽しい時間になりました。出来れば本当にもっともっと楽しみたいって思ったのは、それだけいろんなことを楽しませてもらったからこそです。40分とあっという間ではありましたけど、かなり濃縮した時間になったんじゃないかなって思っています。だからこそ自分自身、最高に楽しいって気持ちにもなれましたし、むしろ「もう終わりか」という残念な気持ちになってしまったのも事実です。本来であればもっともっと楽しみたいなって。でもいいんです。腹八分くらいが次への期待が高まるじゃないですか。それがあるので、風俗は楽しいですよね。一日単位で考えるのではなくて、長い目で見てどんな子が良いのかや、どういったことが出来るのかなど、総合的に考えるようにしています。

試験に失敗したから風俗へ

長年資格試験を受けているんですけどなかなか合格出来ません。この試験に合格しなければ次のステップに進めないので足踏み状態で自分も歯痒いんですけど、でもどうすることも出来ないので結局はまた勉強するしかありません。自分なりに頑張ってはいるんですけど、良い結果が出ないと凹みますよ。でも凹んでばかりはいられないので、とある場所に行って気持ちを切り替えるんです。それによって自分の気持ちも上向きになるんですよね。それは風俗です。男の性欲を発散しつつ、さらには気持ちの面までリフレッシュ出来るのは風俗だけです。風俗に行くじゃないですか。そして風俗嬢と楽しむと試験に落ちたことなんてどうでも良い…とまでは言いませけど、自分の気持ちも幾分楽にはなるんですよね。本当は気分転換なんて必要ないような結果を出したいと思っていますけど、さすがに不合格という結果を何とかして切り替えるためには自力では無理なので風俗がいいのかなって。

[ 2017-05-19 ]

カテゴリ: 風俗体験談